東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

逮捕の14歳「殺すつもり」 女児切り付け容疑「誰でもよかった」

 青森県八戸市の路上で小学六年の女子児童が切り付けられた事件で、県警は十三日、殺人未遂の疑いで逮捕したのは市内の中学に通う男子生徒(14)と明らかにした。

 容疑を認め「殺すつもりだった。誰でもよかった」という趣旨の供述をしており、県警は男子生徒の自宅などから数本のカッターナイフを押収した。県警は、うち一本で女児を襲ったとみている。

 県警によると、女児が襲われたと説明した男と服装が似た人物が、女児の後ろを歩く様子などが複数の防犯カメラに写っており男子生徒の関与が浮上、事情を聴き容疑が固まったため逮捕した。八戸市内で発見した際、事件当時とは異なる服装をしており、この服も押収した。県警は、二人は互いに面識がないとみており、男子生徒が女児を襲った動機を調べている。

 逮捕容疑は十二日午後四時四十分ごろ、八戸市新井田西一丁目の路上で、下校途中だった女児の首の前部分を刃物で切り付け、殺害しようとした疑い。

 女児は背後から襲われ、首を長さ約十センチ、深さ最大一センチ切られ、三週間のけが。男子生徒は女児を襲った際、白い上着に黒いズボンを身に着けていた。

 八戸市教育委員会の担当者は男子生徒について「学校生活でトラブルは確認されておらず、事件を起こすような兆候はなかったと聞いている」と話している。

 女児が通う小学校の付近では、教員や警察官が通学路に立ち、登校する児童を見守った。登校に付き添う保護者の姿もあった。小学一年の息子と登校した三十代の父親は「現場が近所で普段歩いている場所だったので不安だった。容疑者が逮捕されて一安心」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報