東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「パワハラ、過労で自殺」 元職員遺族、神奈川県を提訴

疲弊していく息子を見てつらかった経験を記した母親の手記=13日、神奈川県庁で

写真

 神奈川県の男性職員=当時(37)=がうつ病で自殺したのは、上司のパワハラや常態的な長時間労働が原因だとして、七十代の母親が十三日、県に約一億円の損害賠償を求めて横浜地裁に提訴した。

 訴状によると、職員は二〇〇六年度に入庁。一三年十一月に政策局知事室に配属され、直属の上司から暴言を浴びせられ、高圧的な態度で指導された。一六年四月に総務局財政課に異動した後は、少ない月でも「過労死ライン」の八十時間を上回る百時間以上の残業をし、多い月は二百時間を超えた。休日出勤も続き、九月末にうつ病を発症。十一月十四日夜、県庁近くの公衆トイレで自殺した。

 地方公務員災害補償基金県支部は今年四月、職員の自殺は長時間労働が原因だったとして、公務災害と認定した。

 母親は県庁で記者会見を開き、「息子は上司の大声など高圧的な言動や、曖昧な指示に精神的に疲弊していったが、県は最後まで息子を助けてくれなかった」と県を批判した。

 黒岩祐治知事は「ご遺族の心痛を察し、改めて心よりお悔やみ申し上げる。県はこれまで、再発防止に向け取り組んできた。訴状が届いておらず、詳細を確認した上で対応する」と談話を発表した。

◆母「毎日無事に帰ることだけ祈った」

 「なんでそんなことが分からないんだ」「とにかくやるんだ」。自殺した男性職員は二〇一三年十一月に知事室に配属され、直属の上司の高圧的な言動に苦しめられていたという。「部屋中に響き渡るような声で怒鳴られていた」と同僚も証言している。

 提訴後の会見で、母親は当時の息子の様子について「業務がどんどん増えて苦しみ、眠くても疲れていても眠れない日々が続いた。帰宅後、タオルで顔を覆って声を殺して泣く姿を何度も見た」と説明。「疲れた、つらい、休みたい」とたびたび聞かされたという。

 一六年四月に財政課に異動し、パワハラはなくなった。しかし、今度は長時間勤務と相次ぐ休日出勤に苦しんだ。自殺前日までの七カ月余りで休んだのは二十四日。「日に日にやつれ、無表情になっていった。入院させようと何度説得しても、息子は『体が悪いわけじゃない』と出勤した。毎日無事に帰ることだけを祈っていた」と振り返る。

 代理人の菅俊治弁護士によると、男性が在籍していた知事室や財政課は県庁内で出世コースで、「職員には大きなプレッシャーがかかっていた」と話す。特に知事室で携わった県のPR動画の製作は「黒岩祐治知事の肝いりで前例のない事業」。「上司の指示は高圧的、曖昧。組織としてのフォローがなく、精神的に追い込まれた」という。

 今年四月に公務災害に認定されたが、県からは謝罪はないという。提訴した十三日は、男性が生きていれば四十歳の誕生日で、三年前に命を絶った日の前日でもある。母親は「息子が命を絶った最大の原因は上司のパワハラ。県には反省が感じられない。今後、このような公務災害を起こさないよう、県は対応してほしい」と涙を浮かべた。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報