東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

山手線 大崎−東京−上野間、16日運休 「高輪ゲートウェイ駅」新設準備のため 始発から午後4時ごろまで

写真

 JR東日本は16日の始発から午後4時ごろまで、山手線の大崎−東京−上野駅の区間で内回り、外回りとも運休する。来春開業する田町−品川駅間の「高輪ゲートウェイ駅」新設に伴い、品川駅の山手線、京浜東北線の線路の切り替え工事を行うため。1987年のJR東の発足以降、工事で山手線が運休するのは初めて。

 この時間帯、大崎−新宿−上野駅の区間は、通常の7割ほどの本数で折り返し運転する。午後4時ごろから山手線全線での運転を再開。午後6時ごろまでは通常の7割ほど、その後は通常の本数に戻す。

 この日、京浜東北線は品川−田町駅間で上下線とも終日運休し、品川、田町の両駅で折り返し運転する。

 運休に伴い、始発から午後4時ごろにかけて、東京メトロ、都営地下鉄、東京臨海高速鉄道、東急、京急、ゆりかもめの全線で振り替え輸送を行う。

 約56万人が影響を受けるとみられ、JR東の広報担当者は「新駅の開業によって利便性の向上を目指すので、ご理解をお願いしたい」と話す。

 問い合わせは、JR東の専用窓口=電050(2016)1620=へ。 (松尾博史)

JR品川駅の改札内に掲示された運休のお知らせ=JR東日本提供

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報