東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

京アニ放火 青葉容疑者が転院 逮捕見通し立たず

 アニメ制作会社「京都アニメーション」第一スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)が十四日、大阪府の病院から京都市内の病院に転院した。やけどの高度治療が終了したため。京都府警は勾留に耐えられる程度まで回復するのを待って逮捕する方針だが、さらにリハビリが必要で見通しは立っていない。

 青葉容疑者を乗せたドクターカーは午前九時ごろ、大阪府内の病院を出発した。約一時間十五分後に京都市内の病院に到着し、ストレッチャーで運ばれた青葉容疑者は病棟に収容された。移送中は、ドクターカーの前後を警護車両が挟むようにして走行した。

 青葉容疑者は事件当日の七月十八日に全身にやけどを負い、京都市内の病院に搬送されたが、高度な治療が必要として同二十日にヘリコプターで大阪府内の病院に移送されていた。皮膚移植など主な治療を終えたため、元の病院へ戻された。

 青葉容疑者は皮膚移植手術を重ね、八月上旬にはほぼ命に別条がない状態になっていた。

 府警は今月八日、青葉容疑者に任意で事情聴取。捜査関係者によると、青葉容疑者は「多くの人が働いている第一スタジオを狙った」「どうせ死刑になる」などと容疑を認めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報