東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「遺族は俺を非難するよう高裁に洗脳された」 処分の判事、また投稿

 ツイッターで事件の遺族への配慮を欠いた投稿をしたとして、昨年三月に東京高裁から厳重注意処分を受けた仙台高裁の岡口基一(きいち)裁判官(53)が今月、フェイスブックに「遺族は俺を非難するよう東京高裁事務局に洗脳された」と投稿していたことが分かった。遺族は「あきれて何も言えない」と反発を強めている。

 岡口氏は既に投稿を削除。その後、フェイスブックに「使うべき表現ではなく、撤回して深くおわび申し上げる」と投稿した。代理人の弁護士は「コメントはない」としている。仙台高裁総務課は「事実関係を調査中で、今後の対応も検討中だ」とした。

 岡口氏は二〇一七年、東京都立高三年岩瀬加奈さん=当時(17)=が一五年に殺害された事件を巡り、東京高裁が内規に反し誤って判決文を掲載した裁判所ホームページのURLとともに不適切な投稿をしたなどとして処分された。高裁は遺族に謝罪し、掲載に関係した職員も注意した。

 岡口氏は「遺族のみなさまへ」と題した謝罪の投稿で、「高裁のことは一切批判せず私を批判する理由がどうしても分からず、第三者から変なことを吹き込まれているのではないかと思った」と記した。

 加奈さんの父正史さん(50)は「はらわたが煮えくりかえる思いだ。自分のアピールに利用しているとしか思えない」と話している。

 岡口裁判官は別の民事訴訟に関し、ツイッターに不適切な投稿をしたとして昨年十月、最高裁大法廷が分限裁判で戒告とする決定をした。この訴訟を含む関係者らが岡口氏の罷免を求め、国会の裁判官訴追委員会に訴追を請求している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報