東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

松本零士さん 容体落ち着く イタリアで病院搬送

写真

 イタリア北部トリノを訪問していた漫画家の松本零士(まつもとれいじ)さん(81)=写真=が十五日夜(現地時間)、突然具合が悪くなり病院に搬送された。地元紙などが「脳卒中の疑いがあり深刻な状況」と報じたが、その後、日本の関係者が「容体は落ち着いている」と明らかにした。回復を待って退院、帰国する予定という。

 松本さんは代表作の一つ「宇宙海賊キャプテンハーロック」のアニメ放送がイタリアで始まって四十年になるのを記念したイベントに出席のためトリノに。「銀河鉄道999」の上映予定の映画館に到着したが体調不良でホテルに戻った後、救急搬送された。その後日本関係者に入った連絡によると「病院で頭部の検査などを受けた。重篤な症状は見られなかった」という。

 松本さんは一九七一年に雑誌連載を始めた「男おいどん」で人気に。七四年からテレビで放送したアニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズは、その後のアニメブームのきっかけとなった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報