東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

藤井七段、挑戦権逃す 王将戦「また来期も頑張りたい」

第69期王将戦挑戦者決定リーグ最終戦で広瀬章人竜王(手前)に敗れた藤井聡太七段=19日、東京都渋谷区の将棋会館で

写真

 将棋の第六十九期王将戦挑戦者決定リーグの最終一斉対局が十九日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われ、高校生棋士・藤井聡太七段(17)は広瀬章人竜王(32)に敗れ、初のタイトル挑戦はならなかった。

 リーグは七棋士の総当たりで行われ、この日はともに四勝一敗でトップに並んだ藤井七段と広瀬竜王が直接対決。藤井七段は劣勢から終盤に逆転したとみられたが、最終盤で痛恨の見落としがあり、即詰みに討ち取られた。終局後「最後に間違えてしまったのは、それが実力かなと思います。また来期も頑張りたい」と力なく話した。

 勝った広瀬竜王は渡辺明王将(35)=棋王、棋聖=への挑戦権を獲得した。

 本局に藤井七段が勝てば、屋敷伸之九段(47)が一九八九年、棋聖戦で樹立したタイトル挑戦の最年少記録(十七歳十カ月)を五カ月上回ったが、記録更新はならなかった。

 次に、藤井七段の挑戦可能性があるタイトル戦は棋聖戦で、現在は二次予選の最中。例年、六月初旬から五番勝負が始まるため、挑戦権を獲得すれば、第一局の日程次第だが、記録更新の可能性がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報