東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

原宿駅舎 五輪後に解体へ 一部は跡地に再現

解体が決まったJR原宿駅舎。左は建築中の新駅舎=19日、東京都渋谷区で(由木直子撮影)

写真

 JR東日本は十九日、東京都内で最も古い木造駅舎のJR原宿駅(渋谷区)を来年の東京五輪・パラリンピック後に解体すると発表した。西洋風のデザインが特徴的な駅舎の一部は跡地に再現する。

 木造一部二階建ての駅舎は、骨組みが露出した「ハーフティンバー」と呼ばれる西洋の建築様式で、屋根に尖塔(せんとう)があるのが特徴。一九二四(大正十三)年に完成し、戦時中の空襲を免れ、改修しながら使われてきた。

 JR東は五輪中の混雑緩和に向け、駅舎の南側と西側に新駅舎を建設しており、来年三月二十一日に利用を始める。現駅舎は耐火性能の基準を満たしていないため、安全性を考慮して解体を決めた。

 駅舎のうち尖塔や屋根、外壁がある場所(床面積約百五十平方メートル)は、燃えにくい素材を使って跡地に再現する。駅舎の取り壊しや再現を終える時期は決まっていない。

 渋谷区は二〇一六年、地元住民の声を踏まえ、「原宿駅は地域の重要なシンボル。保存を検討してほしい」とJR東に要請。区とJR東で勉強会を行い、住民を交えた意見交換会を開いてきた。駅舎の一部再現について、区の担当者は「地元の思いを受け止めてくれた。これまでの意見交換が反映された」と話している。 (松尾博史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報