東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

両陛下「親謁の儀」終える 伊勢神宮「内宮」を参拝

参拝のため伊勢神宮内宮を訪問された天皇、皇后両陛下=23日、三重県伊勢市で(代表撮影)

写真

 天皇、皇后両陛下は二十三日、伊勢神宮(三重県伊勢市)の内宮(ないくう)を参拝し、即位の礼と重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」が無事終了したことを報告された。両陛下は二十二日の外宮(げくう)に続く参拝で「神宮に親謁(しんえつ)の儀」を終え、二十三日夕、帰京した。

 秋晴れの下、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)の束帯(そくたい)姿の陛下は、宿泊先の内宮行在所(あんざいしょ)から二頭立て儀装馬車で参道を四百五十メートル進み、正殿(しょうでん)に通じる石段下で降りた。三種の神器の剣と璽(じ)(勾玉(まがたま))をささげ持った侍従らを伴って歩き、午前九時四十分ごろ、正殿で玉串をささげて拝礼した。

 十二単(ひとえ)姿の皇后さまは、十日に東京都心で行われた即位パレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」で使ったオープンカーで参道を進み、午前十時半すぎに拝礼した。

 参拝を終えた両陛下は二十三日午後、近鉄の宇治山田駅(同市)から特急「しまかぜ」の臨時列車で名古屋へ移動し、名古屋から臨時の新幹線で帰京した。

 両陛下は二十六〜二十八日に奈良県と京都府を訪れ、神武天皇陵(奈良県橿原市)や孝明天皇陵(京都市)、明治天皇陵(同)を参拝し、即位を報告する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報