東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

タッチレス改札、発車準備 JR東 2〜3年後目標

 JR東日本がICカードのSuica(スイカ)をかばんやケースから出さず、改札機にタッチもせずに乗客が通過できる「タッチレスゲート」を二〜三年後に導入する方向で検討していることが、関係者への取材で分かった。スマートフォンの専用アプリを活用する。情報の処理能力や電磁波の人体への影響に関する技術的チェックは終えており、来年にも駅などで導入に向けた実証実験をする。

 JR東はICカードや切符が必要ない「チケットレス」乗車を将来の経営目標の一つにしている。両手に荷物を抱えたままでも素通りできる次世代改札機を皮切りに、顔認証による改札や改札機自体をなくす仕組みづくりも目指す考えだ。

 磁気性の切符や定期を挿入するか、ICカードやスマホをかざす現行機は、かばんやケースから定期などを取り出す手間があり、読み取り装置が右手側にあるため左利きや、車いす、ベビーカーの利用客には不便だった。次世代機ではこうした課題を解消する。

 関係者によると、同社の駅に設置されている改札機は十数年ごとに老朽化による取り換えをしている。現行の改札機は二〜三年後から順次、更新時期を迎えるため、その際にタッチレスゲートへの入れ替えを進める。

 タッチレスゲートは、改札の天井に設置したアンテナから床面に向けて「ミリ波」と呼ばれる電磁波を照射。乗客が持つ専用のアプリが入ったスマホとデータを送受信し、通過できると判断すれば、改札機の色やスマホの画面上に表示を出してゲートが開く仕組みだ。導入当初は、現行機とタッチレス機能を追加した改札機を併存させる。

 開発の工程では、ミリ波が人体に与える影響は、国が定める基準値の十分の一以下であることを確認。ミリ波が広範囲に広がらないよう工夫し、改札機の間を通るスマホだけを認識できるようにした。乗客がアンテナの下に入ると、千分の二秒で端末を認識。高速大容量の第五世代(5G)移動通信システムに匹敵する通信速度が確保されており、瞬時に乗客が通過できるかどうか識別する。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報