東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

アニー賞候補に「天気の子」

 【ロサンゼルス=共同】アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる「第四十七回アニー賞」(国際アニメ映画協会主催)の各賞候補が二日発表され、新海誠監督の「天気の子」が「長編インディペンデント作品賞」「長編作品監督賞」など計四部門でノミネートされた。発表・授賞式は来年一月二十五日、米ロサンゼルスで行われる。

 今年のアニー賞では、細田守監督の「未来のミライ」が長編インディペンデント作品賞を受賞しており、「天気の子」が選ばれれば二年連続の日本作品受賞となる。

 「天気の子」は来年二月に発表される米アカデミー賞の国際長編映画賞(旧外国語映画賞)部門の日本代表と、長編アニメーション賞候補に選ばれており、来年一月に発表される最終候補に残るかどうかにも注目が集まっている。

 来年一月のアニー賞では、今石洋之監督の「プロメア」、高坂希太郎監督が児童文学をアニメ化した「若おかみは小学生!」も長編インディペンデント作品賞にノミネートされた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報