東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

薬剤耐性菌、年8000人死亡 17年、国内初推計 抗菌薬、使い過ぎに警鐘

 抗生物質(抗菌薬)の効かない「薬剤耐性菌」によって二〇一七年に国内で八千人以上が死亡したとの推計を、国立国際医療研究センター病院(東京)などの研究チームが五日まとめた。耐性菌の死者数を全国規模で調べた研究は初めて。代表的な二種の耐性菌を調査した。

 耐性菌は抗菌薬を正しく使っても発生するが、使い過ぎによって生まれやすくなり、拡大が加速される。近年、耐性菌による死者の世界的増加が指摘されていた。日本でも深刻な影響を及ぼしていることが明らかになり、抗菌薬の適正使用など対策の徹底が求められそうだ。

 チームが調べたのは、日本で検出の多いメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)とフルオロキノロン耐性大腸菌。

 全国の協力医療機関から集められたデータを基に、菌が血液に入り込んで起きる病気で、耐性菌による死亡の主要な原因と考えられている菌血症の患者数を算出し、死者数を推計した。この結果一一〜一七年の死者数は年約七千四百〜八千百人に上った。

 種類別では、MRSAの一七年の推定死者数は四千二百二十四人で、一一年から減少傾向が見られた。一方、耐性大腸菌は三千九百十五人で右肩上がりとなっている。

 薬剤耐性菌は、健康な人に影響を及ぼすことは少ないが、免疫が落ちた人や高齢者が感染すると、重症化して死亡するリスクが高まる。米国では年間三万五千人以上、欧州で三万三千人が死亡しているとの推計が発表されている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報