東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

アフガンのIS 根絶には至らず 中村さん 計画的に殺害か

中村哲さん

写真

 アフガニスタン東部ナンガルハル州で、人道支援に取り組んできた福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表、中村哲(てつ)医師(73)が四日に殺害された事件は、武装集団による計画的犯行の可能性が強まっている。反政府武装勢力タリバンが「無関係」を強調するなか、同州には過激派組織「イスラム国」(IS)の残存勢力もおり、ISが関与した疑いも出ている。

 現地からの報道によると、中村さんは四日午前八時ごろ、車で事業現場に向かう途中で、男数人の集団に自動小銃などで銃撃され、死亡した。殺傷能力の高い武器を準備し、中村さんの通行経路を狙って待ち伏せした可能性がある。

 ナンガルハル州はタリバンに加え、ISの地域組織が近年、台頭していた。タリバンは今回の事件直後、「復興支援に取り組むNGOとは良い関係にあり、攻撃の対象ではない」と関与を否定した。

 一方、ISについては米軍と政府軍の掃討作戦やタリバンとの戦いで弱体化。アフガンのマスード・アンダラビ内相は先月、「ナンガルハル州でISは敗れた。最後の拠点をまもなく破壊する」と勝利宣言。州知事の報道官も投降者の増加を予想した。

 だが、根絶には至っておらず、AFP通信によると、小集団に分かれて残存していると考えられている。 (バンコク・北川成史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報