東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

熊谷6人殺害 二審は無期 心神耗弱認定、死刑破棄

 埼玉県熊谷市で二〇一五年九月、小学生二人を含む男女六人を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)の控訴審判決で、東京高裁は五日、死刑とした一審さいたま地裁の裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。犯行時、統合失調症の影響で心神耗弱の状態にあったと認定した。

 一審と同様、刑事責任能力の有無や程度が争点となった。完全責任能力があったとする検察側に対し、弁護側は心神喪失状態だったとして無罪を主張。一審判決は統合失調症による影響は限定的だったとして、完全責任能力を認めた。

 大熊一之裁判長は判決理由で、被告が犯行時、統合失調症の影響で「男に追跡され危害を加えられる」などの妄想を抱いていたと指摘。「妄想の影響を考慮しなければ、犯行に及んだことを理解するのは困難だ」と判断した。

 一方、被告が被害者の遺体を隠すなどの証拠隠滅をしたことなどから「違法性も理解していた」と認め、心神喪失状態だったとまではいえないとした。

 一審裁判員裁判の死刑判決が高裁で破棄され、無期懲役となったのは六件目。ほかの五件は量刑が主な争点で、最高裁はいずれも無期懲役を維持している。

 二審判決によると、被告は一五年九月、統合失調症の影響による妄想を抱いた状態で、群馬県の勤務先から逃走し、埼玉県熊谷市の民家三軒に侵入。田崎稔さん(55)と妻美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、加藤美和子さん(41)と長女美咲さん(10)、次女春花さん(7つ)=年齢はいずれも当時=の計六人を殺害し、現金や車などを奪った。

◆「またゼロからのスタート」遺族、声震わせ

判決後の記者会見で「ゼロからやり直すことになった」と話す遺族の男性=5日、東京・霞が関の司法記者クラブで

写真

 「まさか死刑判決がひっくり返されるなんて…。納得がいかない。家族にどんな顔を向けていいか分からない」。妻と娘二人を殺害された男性(46)は判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、声を震わせた。

 「四年間やっとの思いで生きてきた。またゼロからのスタートになる」

 事件で妻の加藤美和子さんと長女美咲さん、次女春花さんを失った男性。「事件のことを思い出したくない」と、一時は自宅を離れて暮らしていたが、一審の死刑判決後は「一つの区切りがついた」と自宅に戻っていた。

 だが、二審の判決は予期せぬ無期懲役だった。「裁判と法律は何のためにあるのか」と怒りをあらわにした。

 判決後、男性は、最高裁に上告するよう検察に求めた。「家族は帰ってこない。でも(最高裁には)納得のいく答えを出してほしい」と願った。 (小野沢健太、森雅貴)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報