東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

あおり運転 免許取り消し 罰則創設、懲役刑も想定 道交法改正へ

 警察庁は六日、道交法の条文を改正してあおり運転を定義し、新たに罰則を創設する方針を固めた。違反一回で十五点以上として免許は即取り消し、再取得までの欠格期間一年以上、罰則は二、三年程度の懲役刑も想定している。 

 悪質なドライバーが死傷事故を起こす前に厳正に処罰してあおり運転の抑止につなげる考えだ。

 警察庁は同日開かれた自民党の交通安全対策特別委員会で報告した。年明けの通常国会に関連法案を提出する。

 委員会で示された案や関係者によると、車間距離保持義務、急ブレーキの禁止、進路変更の禁止など既存の違反について、「通行の妨害目的」で行い「交通の危険を生じさせる恐れ」を引き起こした場合を条文化し、あおり運転として定義。高速道路上で他の車を停止させるなど著しい危険を生じさせた場合についても盛り込む。

 偶発的に前車に接近するなどした一般ドライバーまで摘発対象としないように通行の妨害目的は意図を持って執拗(しつよう)に違反行為を繰り返したケースに限定。そのため立証には車載のドライブレコーダーや周辺の防犯カメラ映像、同乗者らの供述など客観的な証拠が重要になりそうだ。

 違反点数は十五点以上で即免許取り消し、欠格期間は一年以上で、罰則は刑法の暴行罪の「二年以下の懲役または三十万円以下の罰金」や強要罪の「三年以下の懲役」を軸に検討を進める。

 現行の道交法では、十五点を超える即免許取り消し対象は酒酔いや無免許、共同危険行為など。あおり運転に適用されるケースが多い車間距離保持義務違反(高速道路など)の違反点数は二点、罰則は三月以下の懲役または五万円以下の罰金で、大幅な厳罰化となる。

 法務省はあおり運転による事故が起きた際に適用対象となる自動車運転処罰法について、割り込みによる停車行為を危険運転に問えるよう調整している。

写真
写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報