東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東名あおり 審理差し戻し 危険運転罪は認定

写真

 神奈川県大井町の東名高速道路で二〇一七年六月、あおり運転を受け停車させられた一家四人が死傷した事故を巡り、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(27)の控訴審判決で、東京高裁(朝山芳史裁判長)は六日、懲役十八年とした一審横浜地裁の裁判員裁判判決を破棄し、審理を地裁に差し戻した。一審に続き危険運転致死傷罪の成立を認めたが、地裁の審理手続きには違法な点があったと判断した。

 走行中の事故を想定している危険運転致死傷罪が成立するか否かが争点だった。

 昨年十二月の一審判決は、石橋被告が被害者の車の前で停車したこと自体を「危険運転に当たる」とした検察側の主張を否定した。

 一方で、四度の妨害運転と、停車を強いた行為、停車後の暴行が密接に結びついて追突事故を誘発したとして同罪の成立を認めた。

 朝山裁判長は判決理由で、この一審判決の認定に誤りはないとした。しかし、地裁が公判前整理手続きで「危険運転致死傷罪は成立しない」との見解を示したにもかかわらず、裁判員裁判では見解を変えて同罪の成立を認める判決を言い渡したことは、「被告や弁護側への不意打ち。違法な審理手続きだ」と批判した。

 その上で、同罪の成立を前提にした主張の機会を設けた上で、「改めて裁判員裁判で審理を尽くすことが相当」と結論づけた。

 一審判決によると、石橋被告は一七年六月五日夜、パーキングエリアで静岡市清水区の萩山嘉久さん=当時(45)=から駐車位置を注意されたことに憤慨。萩山さんの妻友香さん=同(39)=のワゴン車の前に割り込んで減速する妨害運転を繰り返し、停車させたところにトラックが追突。二人を死亡させ、同乗の娘二人に軽傷を負わせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報