東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

三菱電機、新入社員自殺 上司が自殺教唆の疑い

 三菱電機の新入社員だった二十代の男性が今年八月に自殺し、兵庫県警三田署が自殺教唆容疑で教育主任だった三十代の男性社員を書類送検していたことが、同社や関係者への取材で分かった。十一月十四日付。男性は教育主任から日常的に暴言を受けていたとの証言もあり、県警が事情聴取していた。神戸地検は刑事責任の有無を慎重に判断するとみられる。

 同社などによると、男性は技術職として四月に入社。七月にシステム開発などを担う生産技術センター(兵庫県尼崎市)に配属され教育主任の指導を受けていたが、八月下旬に自殺した。現場に職場の人間関係に言及したメモが残されていた。

 教育主任は社内調査に「死ねとは言っていないが、似たような言葉を言ったかもしれない」などと説明。同僚社員からは、男性が暴言を受けていたとの証言が得られているという。

 三菱電機は男性の自殺に関し「当局が捜査中なので詳細な回答は差し控える」(広報担当者)としている。

 同社では、二〇一四〜一七年に長時間労働などが原因で男性社員五人が精神障害を患うなどして相次ぎ労災認定され、うち二人が自殺した。また子会社の男性社員が一七年に過労自殺し、今年十月に労災認定されたことも明らかになっている。一七年には、新入社員の男性=当時(25)=が職場の上司や先輩からいじめや嫌がらせを受けて自殺したとして、両親が約一億一千八百万円の損害賠償を三菱電機に求める訴訟を東京地裁に起こしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報