東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

銃撃1年前に身の危険情報 遺族、帰国の途

7日、カブールの空港でアフガニスタンの国旗に包まれ、ガニ大統領(手前右端)と軍兵士らに運ばれる中村哲さんのひつぎ=AP・共同

写真

 【カブール=共同】アフガニスタン東部で福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さん(73)が殺害された事件で、同国を訪れた妻尚子さん(66)と長女秋子さん(39)らが七日、首都カブールの空港から中村さんの遺体と共に帰国の途に就いた。八日に日本に到着する予定。

 出発に先立ち、空港ではアフガン政府主催で中村さんを見送る式典が開かれ、ガニ大統領が軍兵士と共にアフガン国旗で包まれたひつぎを航空機近くまで運んだ。ガニ氏は「アフガン再建に人生をささげた」と中村さんに謝意を表した。

 事件が起きたナンガルハル州の当局者によると、約一年前に情報機関が中村さんの身に危険が迫っているとの情報を州当局に伝達した。その後、内務省がボディーガード四人を派遣して護衛に当たらせていた。同州のメヤヘイル知事によると、最近では約一カ月前に情報機関から注意喚起があり、事件前日の三日に中村さん本人に襲撃の恐れがあると伝えたという。

 中村さんを銃撃した武装集団は六、七人で、車二台を使ったとの情報があり、警察が当時の状況を調べている。

 六日に尚子さん、秋子さんと面会したガニ氏は、中村さんの長年の貢献をたたえ「襲撃犯を特定し拘束するのはわれわれの義務だ」と強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報