東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

被告に禁錮5年6月求刑 大津地裁、園児ら死傷事故

 大津市の交差点で五月、車二台が衝突し保育園児ら十六人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた無職新立(しんたて)文子被告(53)の公判が十日、大津地裁(大西直樹裁判長)で開かれ、検察側は禁錮五年六月を求刑し、結審した。判決は来年一月十六日。

 起訴状によると、被告は五月八日午前十時十五分ごろ、交差点で注意を怠ったまま右折し、対向車線を直進してきた軽乗用車に衝突。弾みで軽乗用車が歩道で信号待ちをしていた散歩中の園児らの列に突っ込み、園児二人を死亡させ、園児と保育士計十四人に重軽傷を負わせたなどとしている。

 検察側は論告で「進路の前方確認をしていれば対向車に気付くのは容易だった」と指摘。「漫然と右折した無謀な運転は重大な非難に値する」と述べた。弁護側は最終弁論で「免許証を返納して二度と運転しないことを約束し、謝罪と反省の気持ちを深めている」と主張した。

 被告は最終意見陳述で「自分自身の身勝手で起こした事故。一生罪を償う。本当に申し訳ない」と述べ、被害者参加制度を利用して法廷にいた家族らに向かって深く頭を下げた。

 事故で犠牲になった伊藤雅宮(がく)ちゃん=当時(2つ)=の父親も論告に先立ち、意見陳述。「家族の人生は大きく変えられた。ある日突然、大切な子どもを亡くす気持ちが被告に分かるか。加害者ではなく被害者のための判決を望む」と声を震わせながら訴えた。

 被告は初公判で起訴内容を認めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報