東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

流れ星、見えそう あす夜「ふたご座流星群」

写真

 冬の風物詩「ふたご座流星群」は今年、14日夜から15日未明に見頃を迎える。気象情報会社「ウェザーニューズ」によると、西日本や東日本の太平洋側は晴れるとみられ、観測できるチャンスが大きい。

 国立天文台によると、今年は15日午前4時ごろに流星群の活動が最も活発になる。月明かりが一晩中空を照らすため条件は良くないが、暗い場所で観察すれば最大で20個ほどの流れ星が見られる可能性があるとしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報