東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

育児の味、街に飛び出せ 都内の会社、移動販売あす開始

完成した弁当を手にする内藤涼子さん(左)とシェフの小田桐優さん=東京都葛飾区で

写真

 弁当の移動販売車「キッチンカー」を走らせる東京都内の会社が、子育て中の母親から公募したレシピを商品化し、15日から販売を始める。収益の一部がママに渡る仕組みで「働きに出られないママが輝ける場を」と企画した。健康面にこだわった家庭の味が、はやりのキッチンカーで街に繰り出す。 (加藤健太)

 レシピは、都内のオフィス街をキッチンカーで回るエムズ(葛飾区)が会員制交流サイト(SNS)などで募っている。第一弾は、区内で子ども三人を育てる主婦内藤涼子さん(29)のレシピを採用した。今後は収益の10%が内藤さんに入る。同社は一カ月あたり一万円前後になると見込んでいる。

 主菜の唐揚げは、大豆を加工した「大豆ミート」が使われている。鶏肉よりも低脂肪ながら、味や見た目は鶏肉にそっくり。同社のシェフが色鮮やかな野菜で見栄えを整えて「有機野菜と大豆ミート弁当」として商品化した。価格は税込み六百五十円。

 シェフの小田桐優さん(22)は「子どもの健康を気遣ったママさんならではの発想が付加価値になる」と手応えを語る。内藤さんは「ゼロ歳児がいるので今は働きたくても外に出られない。日ごろ使っているレシピが商品になって、収入も得られるなんて」と感激した様子で話した。

 エムズの武田政揮社長(30)は、子育てで働きに出られない母親たちが料理を盛んにSNSにアップしているのをヒントに、「ママたちの思いを形にして世間に届けられないか」と商品化を思い付いた。「キッチンカーの人気にあやかって成功事例をつくり、いずれはママたちの弁当をブランド化していきたい」と意気込んだ。

 都福祉保健局によると、車を改装したキッチンカーは、フードトラックやケータリングカーとも呼ばれ、この十年で倍増し、都内で三千台を超えた。担当者は「固定店舗を構えるよりも安く手軽に始められるからではないか」と推測する。

 販売初日となる十五日は、JR金町駅前(葛飾区)で開かれるイベント会場に出店する。出店場所は日替わりで、主に昼食時間帯の都心部のオフィス街。キッチンカー各社の出店状況をまとめて紹介するアプリ「TLUNCH(トランチ)」で確認できる。

都内のオフィス街を回るエムズのキッチンカー=同社提供

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報