東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「泥棒」と通報、特徴説明 青梅殺人被害者 鈍器で殴られる?

男性が血を流しているのが発見された住宅周辺を調べる警察官=14日、東京都青梅市で、本社ヘリ「おおづる」から

写真

 十四日午前一時五十五分ごろ、東京都青梅市成木四の無職小川和男さん(67)宅から「寝ていて起きたら音がしたので、見たら男が逃げていった。泥棒が入っているようだ」と一一〇番があった。警視庁青梅署員が駆けつけると、小川さんが室内で頭から血を流して倒れており、搬送先の病院で約四時間半後に死亡が確認された。頭に鈍器で強く殴られたような痕があり、頭蓋骨が粉砕骨折していた。警視庁は、殺人事件として調べている。

 捜査一課によると、小川さんは自ら一一〇番しており、犯人とみられる男の特徴について、中年で小太り、青いジャンパー姿で、白い帽子とマスクを着けていたと説明していた。この通報の後に襲われたとみている。小川さんは十年前から一人暮らし。署員が到着した際、二階建て住宅の一階のダイニングキッチンで横向きに倒れていた。

 玄関ドアのガラス部分が割れており、一課は犯人がここから手を入れ、ドアの鍵を開けて侵入したとみている。室内は散らかっており、盗み出されたものがないか調べている。

 近くに住む男性(65)によると、小川さんは三〜四年ほど前、近所の人たちに「いいものを見せる」と言い、アタッシェケースに入った大金を見せたことがあった。それ以前に、ミカン箱に入れた状態の大金を見せたこともあり、金額は一億円に上ったという。

 現場はJR青梅駅から北に約四キロの畑や住宅が点在する山あいの一角。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報