東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

69年のノーベル賞選考 井上靖氏 文学賞候補に

井上靖氏

写真

 【ストックホルム=共同】一九六九年のノーベル文学賞選考で「天平の甍(いらか)」「敦煌(とんこう)」などで知られる作家の故井上靖氏(〇七〜九一年)が候補者に推薦されていたことが分かった。選考主体のスウェーデン・アカデミーが共同通信の請求を受け、資料を開示した。井上氏が同賞候補となっていたことが公式資料で判明するのは初めて。

 川端康成が受賞した六八年の選考まで、候補に含まれていた作家の三島由紀夫と詩人の西脇順三郎は、六九年の選考では推薦されていなかった。

 六九年は井上氏を含め百三の候補推薦があった。ドイツの大学教授が推薦した井上氏について、アカデミーは「まだ十分な調査がなされていないため、今年の新たな日本への賞は除外する」と指摘。井上氏はその先の選考から漏れた。

 候補の中には「イワン・デニーソヴィチの一日」などでソ連時代の強制収容所の実情を告発し、七〇年に受賞したロシアの作家、故ソルジェニーツィン氏も初めて推薦されていた。

 六九年の受賞者はアイルランド出身の小説・劇作家サミュエル・ベケット。開示資料によると、最終選考では選考委員会の意見が割れ、エステリング委員長(当時)がフランスの作家アンドレ・マルローらを推薦したのに対し、他の四人の委員はベケットを推していた。

 ノーベル賞の候補者名や選考過程は、五十年間非公開となっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報