東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

五輪へ 訓練始動 東京消防庁出初め式

東京消防庁の出初め式で披露されたはしご乗り=6日、東京都江東区で

写真

 新春恒例の東京消防庁の出初め式が六日、東京臨海広域防災公園(東京都江東区)で開かれた。同庁によると、消防職員や消防団員ら計約二千百人のほか、台湾・新北市の救助隊員が参加。

 安藤俊雄消防総監は冒頭のあいさつで、東京五輪・パラリンピックに向け、宿泊施設や繁華街の安全を高めるため立ち入り検査を進めるとし「誰もが安全で安心して暮らせるよう職員が力を合わせ取り組む」と述べた。

 式では、テロリストが建物を爆発させ、化学物質をまいた上、トラックで暴走したとの想定でけが人の救助訓練を実施した。

 江戸時代の「火消し」文化を伝える伝統のはしご乗りも披露され、観客が大きな拍手を送った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報