東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

心躍る夢二の未公開作「サーカス」 きょうから文京区で展示

竹久夢二

写真

 画家で詩人の竹久夢二(一八八四〜一九三四年)が制作した未公開の日本画「サーカス」が見つかったと、竹久夢二美術館(東京都文京区)が六日、発表した。「のらくろ」で知られ、夢二と面識のあった漫画家田河水泡(すいほう)(一八九九〜一九八九年)が旧蔵、遺族から寄贈を受けた。七日から同館で展示される。

 美術館によると、戦後、夢二の遺族が田河を訪ねて購入してもらったという。学芸員の石川桂子さんは「二人の意外なつながりが秘められた作品」と話している。

田河水泡

写真

 絵画は昭和初期の制作とみられ、縦九七・八センチ、横二七・六センチ。曲芸をする少女が描かれ、軸装されている。購入を決めた田河の心情については、妻で作家の高見沢潤子さんが九七年にエッセーで言及。大正期に前衛芸術集団「マヴォ」に参加していた田河が、渋谷の夜店で、近くに住む夢二に絵の切り抜きを買ってもらった逸話に触れ「感謝と懐かしさが田河の心をいっぱいにしたからだろう」とつづっていた。

竹久夢二の「サーカス」

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報