東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ゴーン被告妻に逮捕状 証人尋問で偽証疑い

キャロル・ナハス容疑者=ゲッティ・共同

写真

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)の事件に絡み、うその証言をした疑いが強まったとして、東京地検特捜部は七日、偽証の疑いで、ゴーン被告の妻キャロル・ナハス容疑者(53)の逮捕状を取ったと発表した。特捜部が逮捕状の段階で公表するのは異例。キャロル容疑者は、保釈中に逃亡したゴーン被告とレバノンに滞在しているとみられ、特捜部は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する。

 特捜部は昨年四月四日、中東オマーンの販売代理店経由で日産資金を自身に還流させたとして、会社法違反(特別背任)容疑でゴーン被告を再逮捕。資金の一部が流れた疑いがあるとして、キャロル容疑者は同月十一日、東京地裁であった捜査段階での非公開の証人尋問で特捜部から質問を受けていた。

 特捜部によると、キャロル容疑者はゴーン被告が最初に逮捕された二〇一八年十一月以降、不正送金に関わったとされる販売代理店幹部とスマートフォンでやりとりを繰り返していたにもかかわらず、法廷では「幹部のことは知らない」などと虚偽の供述をした疑いがあるという。

 キャロル容疑者は、オマーン事件での再逮捕当時、ゴーン被告とともに東京都内の保釈中の住居で暮らしており、特捜部から翌日に出頭するよう求められたが拒否。参考人が事情聴取を拒んだ場合、検察官は裁判所に証人尋問を請求できる規定があり、特捜部の請求を東京地裁が認めていた。

ベイルートにあるゴーン被告の自宅=7日(共同)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報