東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

キーンさん命日 「黄犬忌」に 財団設立へ

キーンさんの一周忌を前に記者会見するキーン誠己さん=8日午後、東京都北区で

写真

 昨年死去した日本文学研究者ドナルド・キーンさんの養子、キーン誠己(せいき)さん(69)らが8日、東京都北区で記者会見し、キーンさんの業績を顕彰する「ドナルド・キーン記念財団」を設立すると発表した。キーンさんの命日の2月24日を「黄犬(キーン)忌」と名付けたことも明らかにした。

 財団は講演会やシンポジウムなどを開催するほか、キーン誠己さんが寄贈する書簡などを整理して公開する。来月の命日をめどに設立し、代表理事にはキーン誠己さんが就任する。

 命日の名称に使われた「黄犬」の文字はキーンさんのお気に入りで、手紙の署名などに使っていたという。会見では、キーンさんが子どもの頃にかわいがっていた犬をモデルにしたシンボルマークも公開された。

 キーン誠己さんは「父が亡くなった実感はあるが、常に一緒にいるような不思議な感覚があり、ふと気付くとひとりごとで父に話し掛けたりすることもある」などと述べた。 (大沢令)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報