東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

45人殺傷 罪状認める 相模原事件・地裁初公判

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で二〇一六年七月、入所者十九人を殺害し、職員を含む二十六人に重軽傷を負わせたとして、殺人罪などに問われた元施設職員、植松聖(さとし)被告(29)は八日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた裁判員裁判の初公判で、起訴内容を認めた。弁護側は被告が「大麻精神病」などにより善悪を判断する能力がなかったとして、無罪を主張した。

 審理中に植松被告が手を口の中に入れるなど自傷を試み、止めようとした係官に抵抗したため、一時休廷した。再開後の審理は被告不在で行われた。

 公判の冒頭で、植松被告は起訴内容に間違いがないか問われ「ありません」と認めた。弁護側が「精神障害の影響により、責任能力が失われているか弱くなっていた。心神喪失か心神耗弱」と主張した後、植松被告は証言台の前に立ち「皆さまに深くおわびします」と謝罪の言葉を述べた。その直後、手を口の中に入れる動きをした。地裁によると、右手の小指をかみ切ろうとしていたという。けがの有無は明らかにしなかった。

 再開後に検察側は冒頭陳述で、植松被告は施設で働き始めた頃、障害者について「かわいい」と友人に話していたが、施設で働いているうち「意思疎通のできない障害者は不幸を生み出す」と考えるようになり、殺害を決意したと述べた。犯行前日に大麻を使用していたが「犯行の決意が強まったり時期が早まったりしたにすぎず、完全な責任能力がある」と主張した。

 弁護側も冒頭陳述を行い、「被告は事件直前、週に四、五回大麻を使用し、犯行当時は大麻精神病などにより善悪を判断する能力がなかった」と訴えた。

 地裁は被害者側の申し出に基づき、死傷した四十五人のうち、実名審理を希望した重傷の尾野一矢さん(46)を除いて匿名で審理する。検察側の起訴状朗読は、亡くなった入所者を「甲Aほか十八人」、負傷した入所者を「乙Aほか二十三人」、施設職員を「丙A」などと記号で読み上げた。

 被害者の遺族や家族は傍聴席に座り、他の傍聴人から見えないよう、ついたてで遮蔽(しゃへい)された。

 起訴状によると、植松被告は一六年七月二十六日未明、津久井やまゆり園に侵入し、入所者の男女を刃物で突き刺すなどして十九人を殺害、二十四人に重軽傷を負わせ、結束バンドで縛るなどした職員二人にけがを負わせたとされる。

 地裁は初公判から判決まで二十回の審理日程を公表した。判決は三月十六日の予定。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報