東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

IR汚職、秋元容疑者を再逮捕へ 中国企業側から別に300万円

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件で、衆院議員の秋元司容疑者(48)=東京15区、自民党を離党=が贈賄側とされる中国企業側から、逮捕容疑以外にも現金二百万円を受け取るなどした疑いがあるとして、東京地検特捜部が勾留期限の十四日にも収賄容疑で再逮捕する方針を固めたことが、関係者への取材で分かった。同社側に負担してもらった総額百万円前後の中国旅行代も立件するとみられる。

 秋元容疑者は二〇一七年八月、日本でのIR参入を目指していた中国企業「500ドットコム」が那覇市で開いたIRのシンポジウムで基調講演した。関係者によると、当初の講演料は五十万円だったが、IR担当の内閣府副大臣就任が内定していたことから、祝儀の意味合いを含め二百万円に増額されたという。

 同年十二月には500コム側が手配したプライベートジェット機で、二泊三日の日程で中国を訪問。深センの同社本社で経営トップと面会し、一緒にマカオのカジノも見学した。渡航費やホテル代、カジノのチップ代は500コム側が負担し、高級茶器も贈ったとされる。特捜部は、500コム側がIR参入で便宜を図ってもらいたい趣旨で講演料二百万円を提供し、中国旅行代も同様の趣旨で負担したとみている。

 秋元容疑者は逮捕前、本紙の取材に「講演料はもらっていない。経済視察で500コムの本社には行ったが、旅費は秘書が払ったはずだ」と話していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報