東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

相模原殺傷公判 犠牲者、抵抗の跡も 被告は手袋着け出廷

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で二〇一六年七月、入所者ら四十五人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元施設職員、植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判の第二回公判が十日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。八日の初公判の途中に退廷させられた植松被告が出廷し、検察側の証拠調べが行われた。

 植松被告は黒色のスーツ姿で法廷に姿を見せて一礼、弁護人の近くの席に座った。両手には白い手袋のようなものをしていた。八日の初公判では起訴内容を認めた直後、右手の小指をかみきろうとしており、自傷行為防止のためとみられる。

 青沼裁判長は冒頭で「初公判のような行動をしたら退廷を指示する場合がある。二度と法廷の秩序を乱すことのないように」と注意。植松被告は「はい」と小さい声で答え、頭を下げた。続いて裁判長は、前回、被告不在で行われた検察側と弁護側の冒頭陳述の骨子を説明した。

 その後、検察側が、やまゆり園内の写真を裁判員らの手元のモニターに映しながら、事件当時の侵入経路や犯行の様子などを説明。死亡した入居者十九人は就寝中に襲われており、一部の犠牲者の体には抵抗した跡があったことを明らかにした。最初に襲われた二人を除いて、傷は首付近に集中していたという。

 検察側は、重傷を負った尾野一矢さん(46)を除き、死亡した入所者を「甲A」「甲B」などと、重軽傷を負った入所者を「乙A」「乙B」などと記号で呼んだ。植松被告は検察官の方を向き、静かに耳を傾けていた。

 この日の公判前には、二十五席の傍聴券を求め、四百九十五人が集まった。

 裁判の争点は、植松被告の責任能力の有無や程度。弁護側は「大麻精神病などにより善悪を判断する能力がなかった」として無罪を主張した。検察側は「大麻の使用は犯行の決意が強まったり時期が早まったりしたにすぎず、完全な責任能力がある」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報