東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

相模原殺傷公判 刺す相手、職員に尋ね選ぶ 植松被告「しゃべれるか」

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で二〇一六年七月、入所者ら四十五人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元施設職員、植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判の第二回公判が十日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。検察側は、被告が夜勤職員を拘束して連れ回し、入所者一人一人について「しゃべれるか」を尋ね、刺すかどうかを決めたことなど、事件の状況を明らかにした。 (丸山耀平、杉戸祐子、福浦未乃理)

 公判で検察側は、職員六人の供述調書を読み上げた。うち五人は当時、それぞれの居住エリアを一人で担当中、侵入してきた被告に順番に拘束された。

 調書によると、植松被告は職員を刃物で脅すなどし、結束バンドで拘束。寝ている入所者の部屋に職員を連れて行き「こいつはしゃべれる? しゃべれない?」と聞くなどし、話せないと分かると包丁などで入所者の首辺りを刺していたという。

 途中から被告の意図を知った職員が、入所者を守るため、話せない入所者についても「しゃべれる」と伝えるようになったが、被告は構わずに刺したこともあった。被告が「こいつら生きていてもしょうがない」と話すのを聞いた職員や、「あの光景が脳裏に浮かび、涙が突然出てくるときがある。利用者を守り切れず申し訳ない」という職員もいた。

 唯一、実名で審理されている重傷を負った入所者、尾野一矢さん(46)は襲われた後、結束バンドで拘束された職員に近づき、職員から「携帯を持ってきて」と頼まれると、携帯を持ってきて、職員の一一〇番に貢献した。職員に頼まれて事務室からはさみを持ってきて、職員の結束バンドを切った入所者もいたという。

 検察側は、職員の供述調書の朗読に先立ち、園内の写真や見取り図などを示し、尾野さん以外の被害者の名前を伏せ、一人一人の被害状況や死因、発見場所などを説明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報