東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

カズ・ヒロさんがアカデミー賞候補 メーキャップ、4度目

写真

 【ロサンゼルス=共同】米映画芸術科学アカデミーは十三日、第九十二回アカデミー賞の各賞候補を発表し、メーキャップ&ヘアスタイリング賞で映画「スキャンダル」のカズ・ヒロ(辻一弘から改名、米国在住)さん(50)=写真、共同=が候補入りした。

 四回目のノミネートで、二〇一八年には「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」で同賞を受賞している。

 韓国のポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」が全編韓国語の作品ながら、国際長編映画賞(旧外国語映画賞)だけでなく作品賞、監督賞など計六部門で候補入りし、注目されている。

 作品賞候補は他に、最多十一部門で候補入りの「ジョーカー」、マーティン・スコセッシ監督の「アイリッシュマン」など八作品が選ばれた。 

 「スキャンダル」は米テレビ局のセクハラ問題を描いた社会派作品。実在する人気キャスター役を演じた女優シャーリーズ・セロンさんに特殊メークを施した。

 長編アニメーション賞候補に新海誠監督の「天気の子」は入らなかった。

 発表・授賞式は二月九日(日本時間十日)。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報