東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

沖縄の豚コレラ 希少種「アグー」 離島に隔離も

沖縄県の豚の固有種「アグー」の雄=沖縄県今帰仁村の県畜産研究センターで(同県提供)

写真

 江藤拓農相は十四日の閣議後記者会見で、沖縄県で発生した豚コレラ(CSF)に関し、同県の希少な固有種「アグー」への感染拡大を防ぐため、県内の離島などにアグーを隔離する検討に入ったと明らかにした。

 対象は「アグー」ブランドの豚を生産する上で必要な親豚約千頭の一部で、地域の重要な特産品であるアグーの種の保全を考慮した。実際に、まとまった数の家畜を遠隔地へ移動させることになれば異例の措置となる。

 江藤氏はアグーについて「大切な固有種だ」と強調した上で「県の方々と相談し、しかるべき場所に隔離移転する検討を始めている」と述べた。アグーの移動や隔離施設の整備に伴う経費を国が助成する方針も示した。

 アグーブランドの豚肉は一般の豚より肉質が優れているとして評価が高く、親豚となるアグーは沖縄県内各地の養豚場などで飼育されている。

 これらの豚が隔離の候補となるが、全ての個体を一カ所に集めると一斉に感染してしまう恐れもあるため、リスク分散のため一部だけを対象とすることを想定する。

 農水省によると、豚コレラの発生が判明した沖縄県うるま市の養豚場では、飼育していた豚にアグーが含まれていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報