東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「美帆さん」実名で審理 相模原殺傷 遺族の意向

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で二〇一六年七月、入所者ら四十五人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判第三回公判が十五日、横浜地裁で開かれた。青沼潔裁判長は被害者特定事項秘匿制度に基づき「甲A」としてきた犠牲者について、遺族の意向を踏まえ「美帆さん」として審理すると説明した。検察は、植松被告と幼なじみでやまゆり園の元同僚職員の調書を読み上げ、被告の言動の変遷を指摘した。

 美帆さん=当時(19)=の母親は八日の初公判に際し、報道各社に寄せた手記で「美帆は一生懸命生きていました。その証しを残したいと思います」と姓を伏せた上で名前を公表していた。

 検察は美帆さんの母親の調書を朗読。調書によると、自閉症だった美帆さんは言葉を発することはできなかったが、周囲で話していることを理解している様子で笑ったり、怒ったりして表情が豊かだった。最後に美帆さんと会ったのは、事件直前の七月二十四日。十分ほどしか美帆さんと過ごせず、「今思えば、美帆ともっと遊んであげればよかった」と後悔した。

 被告と面識がなく「美帆は(被告に)迷惑を掛けていない。なぜ美帆だったのか聞きたい。とにかく美帆を返してほしい」と訴えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報