東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

芥川賞に古川真人さん「背高泡立草」 直木賞に川越宗一さん「熱源」

芥川賞に決まった古川真人さん(右)と直木賞に決まった川越宗一さん=15日、東京都千代田区で

写真

 第百六十二回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が十五日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は古川真人(まこと)さん(31)の「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(すばる十月号)、直木賞は川越宗一さん(41)の「熱源」(文芸春秋)に決まった。

 古川作品は長崎の離島が舞台。主人公・奈美は母の実家、吉川家の空き家で親族たちと語り合いながら草刈りをする。島と家にまつわる江戸時代の捕鯨や戦時中の満州移住、戦後の朝鮮帰国船の難破事故など数々の物語を、方言を交えて描いた中編小説。

 選考委員の島田雅彦さんは「サーガ(一族を描いた叙事小説)的な広がりを持つ作品群の一つだが、今回は土地に根づいている歴史的なエピソードを巧みにすくい上げ、時間的な複層性を織り込んでいた点が評価された」と述べた。

 川越作品の主な舞台は樺太(サハリン)。北海道に集団移住させられた樺太アイヌのヤヨマネクフは、疫病で妻や仲間を失い帰郷。ポーランド人ピウスツキはロシア皇帝の暗殺計画関与の疑いでサハリンへ流される。出会った二人の過酷な運命を、史実に基づいてダイナミックに描いた。

 選考委員の浅田次郎さんは「少数民族に関する資料を広範囲に読み込んで咀嚼(そしゃく)し、大きなスケールで小説世界を築いた。登場人物も生き生きと描いている」と高く評価した。

 賞金各百万円。贈呈式は二月下旬に東京都内で開かれる。 (樋口薫)

◆古川さん・離島舞台の物語群 川越さん・アイヌの史実描く

 芥川賞・直木賞に決まった二人は十五日夜、東京都内で記者会見した。

 芥川賞の古川さんは、編集者に紺色のネクタイを締めてもらい、久々のスーツ姿で登壇。「何でこうなっちゃったんだろう、これからどうなっちゃうんだろうという気持ち」と戸惑いの表情で語り始めた。四度目で受賞をつかみ、「候補のたび喜んでくれる人がいて、そういう人たちが今喜んでいるんだろうなと思うと、やっぱりこれはうれしいこと」と感謝した。

 島を舞台に作品を書いてきたが、今後は「島から出てみたい」とも。「書きやすいものを延々と書いてしまうことを恐れている。自分にとって不慣れな、未知の他者が現れるものを書いていきたい」と最後まで訥々(とつとつ)と答えた。

 直木賞の川越さんは、「受賞の現実感がない」と、こちらも緊張した面持ちで第一声を述べた。

 主人公は「文明開化」の名目で日本人として生きることを強いられるサハリン生まれのアイヌと、帝国主義の同化政策でロシア人にされるポーランド人。世にあまり知られていない題材を取り上げることで「小説が興味を持つきっかけになれば光栄だと思う」と相好を崩した。

 歴史小説を手掛ける意味について「過去の歴史を通して僕らの生きる世界を描きたい」という川越さん。「国家と個人の間で起きる葛藤や融和を書きたい。代表作は常に次作といえる活動をしていきたいと思います」と抱負を語った。 (世古紘子、出田阿生)

<ふるかわ・まこと> 1988年福岡市出身。2016年「縫わんばならん」で新潮新人賞。同作などで過去、3回芥川賞候補。横浜市在住。

<かわごえ・そういち> 1978年、大阪府出身。2018年「天地に燦(さん)たり」で松本清張賞。受賞作は昨年、山田風太郎賞候補。京都市在住。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報