東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

園児死傷事故 判決延期 被告、争う姿勢に転じる

 大津市の交差点で昨年五月、車二台が衝突し散歩中の保育園児ら十六人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた右折車の新立(しんたて)文子被告(53)の公判で大津地裁(大西直樹裁判長)は十六日、予定していた判決言い渡しの延期を決めた。被告側が起訴内容の一部について争う姿勢に転じたのが理由としている。

 検察側は同日、被告が昨年十二月に民放番組の取材に応じた際、「事故の時にせめて(直進車が)減速、あるいはブレーキがあったら」などと法廷とは食い違った意見を主張したとして弁論再開を申し立て、地裁に認められた。その後、被告側が同法違反や、併合審理のストーカー規制法違反罪の起訴内容について争う趣旨の主張をしたため、地裁は量刑に影響する可能性があるとして審理の延長を決定。次回期日は未定だが、検察側は論告求刑をやり直す見通し。

 被告人質問で検察側から番組に出演した理由を問われた被告は「百パーセント自分が悪いということに納得のいかない部分があったからだ」などと述べた。閉廷後に記者会見した被害者側の代理人弁護士は「判決当日になってやり直したいと言い出す被告に振り回され本当に疲れている」などとする被害者家族のコメントを代読した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報