東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

武漢の肺炎 国内初確認 厚労省、監視体制強化

 厚生労働省は十六日、中国湖北省武漢市に滞在歴がある神奈川県居住の三十代の男性が、新型のコロナウイルスによる肺炎を発症していたと発表した。国立感染症研究所の検査で十五日、感染を示す陽性反応が出た。日本国内での患者の確認は初めて。現地で感染者と接触するなどした可能性があるとみている。

 男性は既に退院。現在は自宅で療養している。発熱はないが、軽いせきは出ているという。神奈川県で同居する家族や接触した医師を含め国内で二次感染が疑われる患者は出ておらず、厚労省は「感染拡大の可能性は低い」としている。一方、ウイルスの国内流入に備え、監視態勢を強化した。

 厚労省によると、男性は海鮮市場には立ち寄っていないが、肺炎の症状が出ている人と接触していた。ただし新型肺炎の発症者だったかどうかは分かっていない。

 武漢市に滞在中の今月三日に発熱し、六日に日本に帰国。解熱剤を飲んで検疫を通過していた。空港名は明らかにしていない。

 同日に神奈川県内の医療機関を受診したが発熱が治まらないため十日に入院。十四日になって、肺のエックス線で重症化する可能性があると分かったため、保健所を通じて厚労省に報告があった。男性は十五日に退院した。政府関係者によると男性は中国籍という。

 厚労省への報告は、感染症法で「重症で原因不明の感染症」と定めているため、男性の最初の受診から報告まで八日かかった。今後は早急に患者発生を把握できるようにするため、武漢市から帰国した人がエックス線検査で肺炎と診断された場合は、重症でなくても保健所に相談するよう医療機関に求めるなど対策を強化した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報