東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

最後のセンター、最高の結果を 初日の日程終了 志願者55万人

大学入試センター試験の1日目で、英語のリスニング試験が行われた会場=18日、東京都文京区の東京大学で(代表撮影)

写真

 本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が十八日、全国の六百八十九会場で始まった。日程は十九日までの二日間で、志願者は前回より一万九千百三十一人少ない五十五万七千六百九十九人だった。一九九〇年から毎年続いてきた試験は今回で最後となる。

 次回からは大学入学共通テストに衣替えされるが、目玉とされた英語の民間検定試験や国語・数学の記述式問題は、採点ミスへの懸念や公平性の確保が不十分といった批判が相次ぎ、導入が見送られた。

 十八日は地理歴史と公民、国語、英語のリスニングを含む外国語を実施。大学入試センターは世界史Bで、正解の選択肢がないと誤解を与える恐れのある設問が一問あったとして、解答にかかわらず全員に得点を与えると発表した。

 十九日は理科と数学を行う。センター試験の得点を入試に使う大学・短大は八百五十八校で過去最多となった。

 入試センターによると、東京都国分寺市の東京経済大の会場では、午後の国語の開始前に試験室の蛍光灯が切れたため、二百二人の試験開始時間を二十五分遅らせた。他の会場でも担当者の指示誤りなどがあり、全国では計二百六人が繰り下げ対象となった。

 各地の大学によると、英語のリスニングで宮城や福岡など七県の十人がICプレーヤーの不具合を申告し、試験終了後に中断部分からやり直す「再開テスト」を受けた。

 例年、受験者数が最も多い外国語(筆記)は、志願者の93・1%の五十一万九千三百三人が受験して、英語のリスニングは91・8%の五十一万一千九百三十六人だった。国語は89・3%の四十九万八千二百人、地歴・公民は80・8%の四十五万五百八十四人が受けた。

 志願者のうち、高校などを今春卒業予定の現役生は一万二千七百十五人減の四十五万二千二百三十五人で全体の81・1%を占めた。浪人生など既卒者は六千三百六人減の十万三百七十六人、高校卒業程度認定試験(旧大検)合格者らは百十人減の五千八十八人。

 平均点の中間発表は二十二日、得点調整の有無の発表は二十四日、平均点の最終発表は二月六日の予定となっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報