東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ここにあった4人の幸せ 世田谷一家殺害、団らんのリビング公開

宮沢さん一家がだんらんの時を過ごしたリビング。テーブルには姉弟の教材が今も置かれている

写真

 遺品が残ったままの室内に入ると、事件直前までの幸せな暮らしが目に浮かんできた。二〇〇〇年十二月に東京都世田谷区の宮沢みきおさん=当時(44)=一家四人が殺害された現場の自宅が十八日、初めて報道陣に公開された。事件は未解決のまま今年で二十年を迎えようとしている。現場を目の当たりにし、憤りや悲しみ、やるせない思いが交錯した。 (奥村圭吾)

 草花の絵があしらわれた「MIYAZAWA」の表札。殺害された妻の泰子さん=当時(41)=の姉入江杏さん(62)が玄関のドアノブを握ると、「ぎぎっ」と鈍い音を立てて扉が開き、記者も室内に入った。

1階の宮沢みきおさんの書斎に、遺品を保管した段ボール箱が積み上げられている

写真

 一階の宮沢さんの書斎には、遺品の詰まった段ボール約百箱が積み上げられていた。小学二年生だった長女にいなさん=当時(8つ)=の名前が書かれた傘や長靴などがのぞいていた。

 二階に続く階段は、人がすれ違えないほどの狭さ。入江さんは「一家は逃げる場所もない中、必死に犯人と戦ったと思う」とおえつし、声を絞り出した。中二階の寝室には、長男礼ちゃん=当時(6つ)=の遺体が見つかった二段ベッドが当時のままの場所に。天井は腐食して雨漏りしている所もあり、時の経過を感じた。

長男の礼ちゃんの遺体が見つかった中2階のベッド

写真

 二階の居間には、食事やだんらんで使われた木のダイニングテーブルや子ども用の椅子も置かれたまま。白い壁に子どもたちの身長を記録したペンの跡が残り、わが子の成長を喜ぶ宮沢さん夫妻の笑顔が浮かんだ。その日付は事件一カ月前の「2000年11月」で止まっていた。

 現場の土地は〇〇年三月、都が隣接する公園を拡張するため買収。宮沢さん一家は引っ越し準備をしていた同十二月に殺害された。警視庁は証拠保全のため、建物の取り壊し延期を遺族に要請。建物内の証拠などを書類や3D映像化し、昨年十二月下旬に取り壊し延期要請を解除する通知を遺族に出した。

 これに対し、入江さんは十八日、解除撤回を求める要請書を地元の成城警察署長宛てに提出した。「現場を壊すかどうかを遺族に委ねられても、四人のみたまにどう答えていいのか、考えあぐねて現場公開に至った。警察から十分な説明がない状況では取り壊しはできない」と心境を語った。

<世田谷一家4人殺害事件> 2000年12月31日、東京都世田谷区上祖師谷3の会社員宮沢みきおさん宅で、宮沢さんと妻泰子さん、長女にいなさん=当時(8つ)、長男礼ちゃん=同(6つ)=が殺されているのが見つかった。犯行は前日深夜で、現場の遺留品や血痕などから犯人はA型で、身長170センチ前後の若い男とみられている。

宮沢泰子さんの姉で、現場となった家屋(左奥)の前に立つ入江杏さん=いずれも18日、東京都世田谷区で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報