東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

金田さんに長嶋さんら別れ 「400勝 後世に伝える」

金田正一さんのお別れの会で、遺影が飾られた祭壇

写真

 プロ野球国鉄(現ヤクルト)、巨人で歴代最多の通算四百勝を挙げ、昨年十月六日に八十六歳で死去した金田正一さんのお別れの会が二十一日、東京都千代田区の帝国ホテルで行われ、王貞治さん、長嶋茂雄さん、野村克也さん、杉下茂さんら球界関係者や元東京都知事の石原慎太郎さんら多くの参列者が別れを惜しんだ。

 巨人の原辰徳監督がお別れの言葉で「私にとって父であり師匠であり、前人未到の四百勝投手、憧れの先輩でした。たくさんの教えは私が後世に伝えていきます」と述べた。ロッテグループの創業者で球団オーナーも務め、十九日に死去した重光武雄さんからの弔電も読み上げられた。

 祭壇は野球のグラウンドをかたどり、金田さんが二〇〇九年五月二十四日に神宮球場で始球式を行った写真が飾られた。会場には写真パネル、ユニホーム、トロフィーなど思い出の品が展示された。

献花をする野村克也さん(右)、長嶋茂雄さん(中)、杉下茂さん(左端)ら=21日、東京都内のホテルで

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報