東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

○○ハラ 防止へ標語 厚労省、2365通から6作選考

写真

 厚生労働省は二十二日、職場のハラスメント撲滅に向けたキャッチフレーズを募集し「パワハラでなくす信用 部下の支持」をパワハラの部門の大賞に選んだと発表した。結果の重大さを訴えた内容で、これを含む六つのキャッチフレーズを啓発用のポスターやステッカーに使う。

 厚労省は昨年七〜八月、パワハラとセクハラ、妊娠出産を巡るマタニティーハラスメント(マタハラ)の三部門で募集。計二千三百六十五通の中から各部門で有識者らが大賞を決めたほか、インターネット投票を行いネット賞もそれぞれ選ばれた。パワハラ対策は六月から大企業に義務付けられ、中小企業では努力義務となる。中小は二〇二二年四月に義務化される。ネット賞は「そのパワー 俺に向けずに 業績に」が選出された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報