東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ロシア側に漏えいか  ソフトバンク元社員 機密、不正取得容疑で逮捕

 大手通信会社ソフトバンクの機密情報を不正に取得したとして、警視庁公安部は二十五日、不正競争防止法違反(営業秘密の領得)の疑いで、元同社社員荒木豊容疑者(48)=千葉県浦安市=を逮捕した。警視庁は、荒木容疑者が在日ロシア通商代表部(東京都港区高輪四)の職員ら男二人に情報を渡したとみて、外務省を通じて、在日ロシア大使館に二人の出頭を要請した。

 逮捕容疑では、荒木容疑者は昨年二月十八日、当時勤めていたソフトバンクのサーバーにアクセスし、同社の営業秘密となっていた情報など二点を不正に取得したとされる。「情報を取ったことは間違いない」と容疑を認めている。

 ソフトバンクによると、荒木容疑者の当時の肩書は、モバイルIT推進本部無線プロセス統括部長。ロシア側に渡ったとされる情報は、電話の基地局など通信設備に関する工事をする際の作業手順書などという。ソフトバンクは昨年十二月に同容疑者を解雇した。

 公安部によると、荒木容疑者はロシア通商代表部の職員の男にそそのかされ、取得した情報を渡した疑いがあり、「小遣いがほしかった。現金も複数回もらったことがある」などと供述しているという。

 出頭を要請した二人のうち、一人は在日ロシア通商代表部の職員で現在も日本国内にいるが、もう一人の元職員は二〇一七年にロシアに帰国している。公安部は、二人が荒木容疑者にどのように接触してきたかなど経緯を調べている。

 荒木容疑者は社内で機密情報を扱う統括的な立場で、サーバーへのアクセス権限があった。不正に取得したデータを記録媒体に移してから、自分のパソコンに入れて持ち出したとみられる。

 警視庁は、ほかにも機密情報を入手していた可能性があるとみて調べている。

◆ソフトバンク謝罪「顧客情報含まず」

 ソフトバンクは二十五日、元社員の逮捕を受けて「当社に関係する方々に深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 同社によると、持ち出されたのは社内の作業文書等で、顧客の個人情報や通信の秘密に関わる情報、取引先に関する情報など機密性の高い情報は含まれていないという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報