東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

伊方3号機 不服申し立て当面見送り 四国電社長、トラブル謝罪

 四国電力の長井啓介社長は二十七日、伊方原発(愛媛県伊方町)で一時電源を喪失するなどトラブルが相次いでいることを受け、同県庁で中村時広知事に謝罪し、十七日の広島高裁の伊方3号機運転差し止め仮処分決定に対する不服申し立てについて「今は申し立てができる状況ではない」と当面見送る方針を示した。一方で「(決定に)問題があるという思いは今でも変わらない」と述べた。

 申し立ての時期について「異議申し立ての期限はないが、だらだらと引き延ばすということは考えていない。(決定に)問題点があれば、当然異議を主張していくべきだ。まずは安全意識の共有を図り、状況を踏まえて考えていく」とした。

 長井社長は知事に「地域の皆さまにご心配をおかけし、深くおわび申し上げる」と語り、知事は「東日本大震災後、緊張感が浸透し続けているのか心配だ」と指摘した。

 二十五日午後、伊方3号機の定期検査中に発電所内が一時停電するトラブルが発生。非常用ディーゼル発電機が起動するなどし、約十秒後に復旧したが、四国電は「ほぼ全ての電源が一時的に喪失した」と説明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報