東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

iPS心筋移植 治験開始 心不全患者へ、世界初

iPS細胞から作った「心筋シート」を移植する治験の実施について記者会見する大阪大の澤芳樹教授(左)=27日午後、大阪府吹田市で

写真

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った「心筋シート」を重症心不全患者の心臓に移植する治験を始めたと、大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのチームが二十七日、発表した。iPS細胞から作った組織を心臓に移植するのは世界で初めてといい、一例目の移植は今月、実施した。約三年かけて計十例を実施予定で、移植の効果や安全性を確認する。

 現在は心臓移植や人工心臓の利用が主流で、新たな治療法の確立が期待される。記者会見した澤教授は「助けられない患者さんもいる現実に直面しながら研究してきた。五年以内の実用化を目指したい」と話した。

 治験は、血管が詰まって心臓の筋肉に血液が届きにくくなる虚血性心筋症の患者が対象。シート(直径四〜五センチ、厚さ〇・一ミリ)三枚を心臓の表面に貼り付け、計約一億個の細胞を移植する。定着すれば新たな血管ができて心機能が回復するとしている。

 シートは京都大が備蓄する拒絶反応が起きにくいiPS細胞を培養して作製。一例目の患者は二十七日に一般の病室に戻った。拒絶反応を抑える免疫抑制剤を三カ月ほど投与し、一年間、状態を観察する。手術日や患者の年齢、性別などは公表しないとしている。

 当初、臨床研究として二〇一八年度に開始する予定だったが、同年六月の大阪府北部地震で研究施設が被災して中断した。細胞を効率よく大量に培養したり、腫瘍化のリスクを下げたりする手法の開発が進んだことで、臨床研究よりも実用化に近づく治験として実施する方針に転換した。

 iPS細胞を用いた治験では、京都大が神経細胞を作製してパーキンソン病患者に移植した。慶応大ベンチャーも別の方法の心筋移植で実施する方針を発表している。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報