東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

受刑者のヨガ禁止 日弁連「人権侵害」 黒羽刑務所に勧告

 日弁連は二十七日、黒羽刑務所(栃木県大田原市)の単独室に収容されていた受刑者が余暇の時間にヨガを禁止されたのは人権侵害に当たるとして、同刑務所に禁止しないよう勧告したと発表した。勧告は二十四日付。

 日弁連によると、ヒンズー教を信仰していた受刑者は二〇一二年十一月、夕食後の余暇時間などに、三点倒立やブリッジといったヨガのポーズなどをすることを宗教行為として許可するよう申請。刑務所側は、騒音発生の恐れや、逃走や自殺を防止する監視活動へ支障が出ることを理由に瞑想(めいそう)以外は不許可とした。

 日弁連は勧告で、ヨガは一般的に静かな動作で、単独室なら他の受刑者に迷惑を掛けないと指摘。監視にも問題はないとした。一方、刑務所側は一日三十分以上ある運動の時間には、けがの恐れがある三点倒立以外は許可した。この受刑者は一四年四月、日弁連に人権救済を申し立てた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報