東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

国内初、人から人感染 奈良の男性が新型肺炎

中国湖北省の武漢に滞在する邦人を帰国させるため、出発準備をするチャーター機=28日夜、羽田空港で

写真

 厚生労働省は二十八日、国内で新たに三例の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。一人は奈良県在住の六十代日本人男性。バス運転手として中国湖北省武漢市からのツアー客を乗せたが、滞在歴はなかった。厚労省はツアー客からうつったとみて感染経路を調べている。国内で人から人に感染したとみられる初の事例で、日本人の感染確認も初。残る二人は武漢市在住の四十代男性と四十代女性で、それぞれ愛知県と北海道で肺炎と診断された。国内で感染が確認された患者は計七人となった。

 政府は二十八日夜、武漢滞在の邦人帰国に向け、チャーター機一機を日本から派遣。二十九日午前に第一陣約二百人が羽田空港に到着する方向だ。

 運転手の男性は八〜十一日に大阪から東京へ客三十一人を乗せ、十二〜十六日には東京から大阪へ二十九人を乗せた。男性が所属するバス会社によると山梨、奈良にも立ち寄った。客は全員帰国した。男性は十四日にせきなどの症状が出て十七日に奈良県内の医療機関を受診。二十五日に肺炎と診断された。現在、せきなどの症状は改善しており、重症ではないが、奈良県の医療機関に入院している。

 男性の家族や、接触があった医療関係者に発熱などの症状を訴える人はいない。男性が運転するバスに乗っていたツアー客に、感染が判明した人は現時点ではいない。武漢市に滞在歴のない患者が見つかったため、厚労省は監視態勢を強化。滞在歴がなくても感染が疑われる人がいれば医療機関に報告を求める仕組みを検討する。

 残る二人のうち四十代男性は二十日から日本を訪れ、二十六日に愛知県内の医療機関で肺炎と診断された。比較的症状は軽い。四十代女性は二十一日に来日し、二十七日に北海道の医療機関で肺炎と診断された。容体は安定している。

 厚労省は三人の患者と長時間一緒だった家族や医療関係者は二十三人いたとしており、当面、健康状態を観察する。

◆厚労省が相談窓口

 厚生労働省は二十八日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に伴い、電話相談の窓口を設置したと発表した。加藤勝信厚労相は「国民の不安に丁寧に対応するため、適切に答える」と語った。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報