東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新型肺炎 帰国者「ほっとした」 「急速に事態悪化」 にじむ疲れ

中国・武漢からチャーター機で帰国し、報道陣の質問に答える青山健郎さん(中央)と加藤孝之さん=29日午前、羽田空港で

写真

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している中国湖北省武漢市から邦人を乗せた政府チャーター機が二十九日、羽田空港に到着。空港は救急車十数台が列をなして、対応に当たった。緊張が続く現地を離れ、取材に応じた男性は「帰国できて、ほっとしている」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。 

 チャーター機の到着から約一時間後の午前九時四十分すぎ、国内線ターミナルの別棟で、いずれも武漢日本商工会役員の青山健郎さん=日本製鉄現地法人社員=と加藤孝之さん=インテック現地法人社員=がマスク姿で現地や機内の様子を話した。

 「急速に事態が悪化し、とても不安だった。帰国できて、ほっとしている」と青山さん。加藤さんも「政府の迅速な対応に感謝している」。疲れをにじませながらも、はっきりとした口調だった。

 二人ともウイルス感染の中心地と疑われる武漢市の海鮮市場の近くに住んでいた。加藤さんは「二十三日に交通がストップしてから生活は一変した」。外出を控え、自宅で過ごしていたという。数日前に大使館から退避希望の有無を確かめるメールが届き、帰国を望んだ。

 機内の様子について、加藤さんは「皆さん冷静で、静かだった」。医師が一人ずつ巡回して問診し、異常がないか確認したという。青山さんは「席に着くと安心して、どっと疲れが出てすぐに寝てしまった」と笑顔を見せた。

 武漢市ではチャーター機での帰国希望者はまだ約四百四十人残っている。また、市民に生活物資を提供するため、現地にとどまる日系企業社員らもいる。青山さんは「スーパーを営む現地の邦人たちは、営業を続けるために残ることを選んだ。帰国支援も大切だが、残った人たちのために中国へ物資を送るなどの支援に力を入れてほしい」と望んだ。 (小野沢健太)

◆羽田緊迫 救急車十数台、防護服の職員

中国・武漢から到着したチャーター機周辺で対応に追われる関係者と救急車両=29日午前10時14分、羽田空港で(河口貞史撮影)

写真

 政府チャーター機は二十九日午前八時四十分ごろ、羽田空港に到着した。ターミナルの到着出口には、発熱やせきの症状がある乗客用に待機していた救急車十数台が列をなし、緊迫した雰囲気に包まれた。

 到着したチャーター機が止まったサテライトビルには、四台の救急車が横付けされ、白い防護服を着た検疫所職員らの出入りが確認された。大型バス内のカーテンは閉め切られ、乗客の様子は確認できなかった。

 二百六人の乗客は機内で医療チームの診察を受けており、感染が疑われる人は空港から東京都内の感染症指定医療機関に搬送される。症状が見られない場合も国立国際医療研究センター(新宿区)に搬送し、検査を実施。バスで自宅などに送り届け、二週間程度は外出を控えるよう求める。

 羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングの広報担当者によると、感染予防のため、二十四日からビル内の職員らにもマスクの着用を促しているという。

 空港一階の到着ロビーにはマスク姿の乗客が目立った。東京ディズニーランドに行くという大阪府の母親(54)と娘(30)の二人連れは、武漢から帰国する日本人について「報道では食料も限られ、不自由していると聞く。本人も日本の家族も感染への不安を抱えて不便な生活を送っていただろうから、日本に戻ってこられて良かったと思う」とおもんぱかり、「関西でも日本人の感染者が出たというのでマスク、手洗い・うがいなど感染しないよう自己防衛したい」と話した。 (井上真典、市川千晴)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報