東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

横浜で「IR産業展」開幕 誘致反対派が会場前で抗議活動

IR産業展の会場近くでカジノ誘致反対を訴える人たち=29日午前、横浜市西区で

写真

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す横浜市で二十九日、IR関連産業の見本市「第一回横浜統合型リゾート産業展」が始まった。IR事業に絡む汚職事件が発覚し、国会では推進の是非を問う論戦が改めて行われており、会場前では誘致に反対する市民団体が「人を不幸にするカジノを産業にするなんて許せない」と声を上げ、開催に抗議した。

 産業展は昨年五月に大阪市で行われ、今回が二カ所目。首都圏では初開催。誘致に賛成する横浜商工会議所などでつくる「IR横浜推進協議会」が共催。

 会場のパシフィコ横浜(横浜市西区)にはIR事業者やゼネコン、電機メーカーなど国内外の約五十社がブースを設けた。自社の施設内で行うダンスショーを披露したり、人工知能(AI)を活用したセキュリティー技術を紹介したりしていた。産業展は三十日まで。主催の実行委員会は一万人の来場を見込む。

 会場前には横浜市へのIR誘致に反対し、是非を問う住民投票の直接請求を目指す市民団体「カジノの是非を決める横浜市民の会」のメンバーらが集結。「カジノは汚職の温床」と書いた手作りののぼりを手にした同市栄区の無職大田玉恵さん(73)は「カジノは巨額のお金が使われ、どの自治体でも汚職が起こり得る闇がある」と話し、誘致撤回を求めた。 (杉戸祐子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報