東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

上皇さま一時意識失う 症状回復、検査異常なし

 宮内庁は三十日午後、上皇さまが二十九日夕、住まいの皇居・吹上仙洞御所で一時意識を失って倒れられたと発表した。症状は回復し、吹上仙洞御所で静養しながら経過観察を続ける。三十日午前に宮内庁病院で頭部の磁気共鳴画像装置(MRI)検査と専門医の診察を受けた結果、脳梗塞など原因となる所見は見つからなかった。上皇さまは八十六歳。

 宮内庁によると、上皇さまは二十九日午後六時半ごろに意識を失って倒れ、近くにいた上皇后美智子さまが支えて非常ブザーで侍医を呼んだ。侍医が駆け付けた際も意識はなく、いびきのような息づかいをしていたが、しばらくして意識が戻り、担架で寝室に運ばれて処置を受けた。夕食は取らず、そのまま就寝した。

 二十九日午後は私的に外出し、倒れたのは帰宅してから約一時間後だった。三十日は朝食も食べた。

 上皇さまはこれまで、めまいや吐き気など脳貧血の症状が何度か出ている。昨年七月にも吹上仙洞御所で脳貧血の症状で立っているのが難しくなり、床にしゃがみ込んだことがあった。昨年十二月の定期健診では特に異常はなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報