東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

呼吸器事件再審 検察、求刑せず結審 判決は来月31日

結審後、記者会見する西山美香さん=10日、大津市で

写真

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で二〇〇三年、男性患者の呼吸器を外し殺害したとされる「呼吸器事件」で、殺人罪で懲役十二年が確定、服役した元看護助手西山美香さん(40)=同県彦根市=の裁判をやり直す再審の論告公判が十日、大津地裁(大西直樹裁判長)であった。検察側は論告で「証拠に基づいて、裁判所に適切な判断を求める」と述べるにとどまり、求刑せず結審した。

 判決は三月三十一日午前に決定。西山さんに無罪判決が言い渡されるのは確実とみられる。

 これまでも、検察側は「新たな有罪立証はしない」として、判決を裁判所に一任する考えを示していた。十日も論告で「改めて慎重に検討した結果、新たな有罪立証は行わない。適切な判断を求める」と従来の主張を繰り返した。

 白のジャケット姿で法廷に立った西山さんは、最終意見陳述で「無罪(論告)としてくれても良かったのではないか。大阪高裁で再審が決まった後も特別抗告をしたが、家族がどんな思いで過ごしてきたと思いますか」と検察側の姿勢を批判。裁判所には、迅速な審理に感謝した上で「ほかの冤罪(えんざい)事件で苦しんでいる人たちの声も聞いてほしい」と付け加えた。

 弁論で弁護側は「人工呼吸器のチューブを外した事実はなく、患者の死因は自然死だ」と改めて無罪を主張。捜査員による誘導などがあったとして、西山さんの自白には信用性、任意性を認めることができないと述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報